大切な家族から贈られたプレゼント

旦那さんからギフトをもらうとしたら、自分の好みや、観光など、私のことを考えてくれたものがうれしいです。
例えば、常々で言えば、自分の暇がわたしにはありません。いつもキッズと共にある。
あんなわたしを大変、頑張ってくれてるという言葉だけも嬉しいですが、児童を連れて赴きわたしに自分の暇をギフトできるだけでも、軍資金も掛からないし、嬉しいと思えます。
あとは、好みを理解してくれて、好みの機器を買っていただける振る舞い。
フトコロはわたしがかんりしてるので、何となくできないとは思いますが、そんな中で、自分でせっせと軍資金をためて私のためにつかっていただけることが嬉しいです。

子供達だと、何をしてくれても楽しい気がします
とくに、子供は一年中わたしにレターや、絵を書いてくれて
私のみすごく愛くるしく描いてくれてある。
おかぁ様にギフト!と言って渡してもらえる。見返りを求めない児童にプレゼントされると、何でもうれしい気がします。
一年中、おかぁ様かわいがりてる、オススメスポット!
あんな言葉のみでも、自分の腹部を痛めて産んです児童ができる、言ってもらえるものは彼はべつものですね。
あとは、児童の養成を感じる状態が自分の幸せ。
ギフトとは違うは思いますが、毎日がわたしにおいて元気でいてくれる児童のギフトだ。
辛い感情を通じてよかったといった思えます。
やがて各種ことを一緒にできるようになるそれだけも、一年中ギフトをもらってる気分になります。
多分、世間の父兄もそうではないでしょうか?
一年中養育が大変ですが、そんな事があって一緒に成長したり喜んだりできるのではないでしょうか。

わたしにはこんな常々が何よりのギフトにおもえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です