英語教育の早期開始の有効性や実例、おススメの子供向け英語塾などを紹介するサイト

未就学児向け英語教室の紹介

おススメの英語教室の案内

おススメの筆頭として挙げられるのは、やはり「シェーン子供英語教室」でしょう。
シェーンの英語教室は、日本で40年以上の実績がある老舗ですが、そのノウハウを存分に活かした教育を子供にも施します。
もちろんそんな堅苦しいものではなく「何でも吸収する」という子どもならではの特性を活かした段階的、総合的な楽しいコミュニケーションとしての英語教育を提供してくれます。
また、全国各地に教室があるので、子供の成長や環境の変化に合わせた転校などのシステムも整っています。
もちろん講師は、専門の資格を有したネイティブの教員ばかりです。
また「アミティー」は子供向け英語教育専門の教室として、親御さんから高い評価を得ている教室です。
校舎も子供が怪我をしないような設計になっており、設備は完璧です。
また、親御さんとの連携も重視しており、本当に子どもに楽しく英語を学んでもらいたい親御さんにはピッタリの教室です。

早期教育自体の注意点

ここまで様々な点から、子供への英語教育のメリットや実例などを考えていきましたが、改めてまとめてみると、いかに「自然に子供に身に着けてもらうか」が重要となっているかが分かってくると思います。
ちなみにお隣の韓国では日本よりTOEICなどの成績が良いですが、これは国の確固たる方針、また、韓国には「海外留学をする場合、兵役は免除される」という独特の事情もあり、日本語と同じくらい言語的に英語と異なっていながら、日本ほど英語を苦手科目に挙げる子が少ないという結果に現れてきています。
各国ごとの事情はありますが、日本もグローバル化の波には抗えません。
そんな中で必要なのは「子供が英語を嫌なもの、苦手なモノ」という固定概念を持たないようにすること、大人も一緒に学ぶようなつもりで身に着けていくのが、良い位なのですね。


この記事をシェアする