英語教育の早期開始の有効性や実例、おススメの子供向け英語塾などを紹介するサイト

未就学児への英語教育の成功実例を紹介

ある学者の一例

この女性の学者さんは、現在英語を専門とされている大学の学者さんですが、別に帰国子女でも無く、小中高は全て公立、海外留学はしてもそれは大学の教員になってから…という、至って普通の経歴です。
しかし、英語自体は問題なく扱えていています。
彼女の親は海外での仕事経験があり、自宅に英語の本があったそうです。
つまり、幼少時から英語に関しては自然と存在するものという認識があったのです。
そして憧れがあったと本人が述懐しています。
これはとても理想的な英語への入口だと言えます。
そして更に注目すべき点があり、彼女は英語学習は周囲と同様中学からでしたが、自分が学びたいテレビやラジオのカッコいい英語とは程遠い授業内容につまらなさを感じ、学校の英語を「受験用」と割り切り、聞く・話す部分は自分で教本やラジオを聴いて学んだということでした。

ある親御さんの一例

先に挙げた学者さんの場合は「学校で教えてもらえる英語」と「自分が知りたい英語」は違うと言う事を早いうちに認識できたことの例として挙げましたが、ここではより具体的に、幼少時に絞ってみましょう。
ある親御さんの家庭では、子供へのコミュニケーションとしてこのようなルールを決めました。
「幼稚園では英語、家庭では日本語を使う」
つまり、切り分けをハッキリとしたのです。
そのため、英語専門クラスを有する幼稚園に通わせたのです。
これは単に英語教室に行かせるのではなく、普段のコミュニケーションのレベルから子供を英語に慣れさせるという、世間一般とは違う視点があります。
結果、子供は「自然なコミュニケーション」のひとつとして英語を身に着け、もちろん日本語だって普通に扱えるという理想的な結果となりました。


この記事をシェアする