英語教育の早期開始の有効性や実例、おススメの子供向け英語塾などを紹介するサイト

英語教育を始めるタイミングは早い方が良いのかを考えるサイト

結論から言うと

未就学児への英語教育を行うべきかどうかという点ですが、これは、実は人によって意見が分かれていますが、概ね「早く始めるに越したことはない」という見解で一致はしています。
ただし同時に求められている事があります。
それは「どのような教育を施していくのか」という点です。
あなたは子供に「軽く話せる程度のブロークン・イングリッシュ」程度を身につけさせたいのか、それとも「受験で使えるタイプの英語能力」を習得させたいのか、はたまた「英語論文や学術書、専門書を読めるだけでなく、外国語のポッドキャストも軽々聴き取れて、同時通訳までできる」位の能力を求めているのか、そこを考えなければ、いくら早く始めてもあまり意味が無いのです。

メリットはどのような部分か

まず、20年前と違い、既に小学校の5年生から、英語教育は必修となっています。
更に、以前の文法偏重から、だいぶコミュニケーションに重点を移した教育方針になっているのが、学校の英語教育の現状です。
これらの変化が示している事は、国としても、子供たちには「総合的な英語コミュニケーション能力、受験だけでない、国際化社会に対応できる英語力」を身に着けてほしいと思っていること、つまり「英語を苦手に思わず、自然と使えるようになって欲しい」と思っているのです。
その点を踏まえて考えると、英語教育を早期に始めるメリットとしては「英語を苦手に思わない」子供にできる、というのが最大の点であると言えます。
子供にとって英語を「受験で点を取るためのメンドクサイ科目」ではなく「自然にあるもの」と認識させる事、これが大事なのです。


この記事をシェアする